ホーム > カビの「みえる化」検査
イメージ画像

その症状カビが原因かもしれません。
真菌症はカビに感染する病気です。
カビの「みえる化」検査で安心の環境を。

フリーダイヤル

0120-052-127

<営業時間>月~金 9:00~18:00

一般の方のお問合わせはこちら
法人・業者様のお問合わせはこちら
 
   

真菌症とは

真菌症は、肺がカビに感染する病気です。
真菌はカビの総称で、カビによって引き起こされる病気を真菌症といいます。
その他にもカビが原因で発生するアレルギーや中毒症があります。

カビの病気

真菌感染症とは

真菌は、ごく小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中や土壌中に存在していることが多く、体内に吸い込まれたり、皮膚などの体表面と接触したりします。そのため、真菌感染症は通常、肺や皮膚から始まります。 タイプによっては発覚しにくいですが、皮膚表面を見てわかる症状として、爪が厚くもろくなったり、皮膚がむけたり、毛が抜ける、皮膚が白くなったり、赤くなったりしているといった変化がみられた場合は、真菌性感染症が疑われます。

真菌アレルギー

アレルギーを起こす原因になる物質はアレルゲン(病因的抗原)と呼ばれますが、空中浮遊しているカビ(真菌)の胞子やその代謝物がアレルゲンとなって、気管支ぜんそく、じんましん、鼻炎や結膜炎、アトピー性皮膚炎、胃腸炎などの アレルギー性疾患となる傾向が増えています。

カビ中毒

カビ(真菌)が産生する毒素の総称でヒトをはじめ家畜や魚類などに種々の障害をひき起こします。 これらのカビ毒は長期間摂取することにより肝障害、腎障害、消化器系障害などを起こします。

当社はカビを数値で表し、みえる化をしています。

カビをあらゆる検査により数値化し、お客様に目で見て確認していただくスキームは当社独自の技術です。

付着菌同定検査

カビ検査したい箇所をピンポイントで採取し、カビの種類や付着菌量を測定します。

イメージ画像

落下菌測定検査

空気中から落ちてくる胞子を採取し、隠れたカビの発生場所や繁殖しやすい場所を特定します。

イメージ画像
イメージ画像

全国のカビバスターが現場へ掛けつけます。

イメージ画像

まずはお住まいの環境のみえる化検査をしてみませんか?
全国のカビバスターがすぐに駆けつけますのでまずはお問合せください。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら