蘇る歴史!!

神社仏閣のカビ取り・復元処理

ロゴ
ホーム > 神社仏閣のカビ取り・復元処理
イメージ画像

復元と保存の技術で文化財を守り
未来へつなげるMIST工法®

MIST工法®は国宝の天井画から建物・仏像に至るまでの幅広い実績があります。
「微生物劣化に伴う復元」に関しては専門の職人がこだわりを発揮いたします。

フリーダイヤル

0120-052-127

<営業時間>月~金 9:00~18:00

一般の方のお問合わせはこちら
法人・業者様のお問合わせはこちら

例えばこのようなお困りごと
MIST工法®は適しています。

天井画や建造物など、貴重な歴史の財産を復元をしたい

CASE 1

天井画の修復

国宝など貴重な歴史財産の除カビと復元

削ったりこすったりせず、対象素材に合わせた水素イオン濃度の専用剤にて処理をするため、復元可能です。
また、木材や和紙など素材にも対応可能です。

水平線

歴史の趣を残したまま、素材の延命を図りたい

CASE 2

木造建築

汚れを分解する前に菌糸を退治することにより、その汚れも分解しやすくなります。

MIST工法®は専用剤で根こそぎカビを除去し、仕上げとして復元処理をいたします。微生物により経年に渡り汚染を受けてきた素材を深部より改善いたします。削ったり張替えたりすることなく、木造建築物の耐用年数を延ばすことが可能となります。

水平線

長期工事は支障があるので、出来るだけ短納期にしたい

CASE 3

短納期

訪れる方のことを一番に考えて

現地調査から防カビの最終工程までワンストップで行いますので、短納期にてお応えできます。

水平線

安全で環境に配慮した施工をしてほしい

CASE 4

安全と環境に配慮

素材・人・環境にやさしく、カビをしっかり死滅させる

MIST工法で使用する専用剤は排水試験・各毒性試験も受け安全性が確認されております。また、環境に配慮した施工方法を実施いたしております。

水平線

MIST工法®とは

「素材を削らない」「表面をこすらない」「酸を使わない」素材にやさしい工法で、生物劣化を防ぎます。素早く確実に、構築物の素材を痛めることなくカビの除去・予防をいたします

また、素材の表面を保護処理してカビの胞子を付きにくくしますので、長期的に再発を予防できます

酸を使わないことから、人の集まる環境でも施工後の人体の影響がなく、小さなお子様や高齢者の方に対しても安心した環境を提供することができます。

MIST工法は人と地球にやさしいカビ取り施工です。安心してご依頼ください。

これまでの実績

MIST工法®は国宝の天井画から建物・仏像に至るまで幅広い実績があり、特に技術が必要な
「社寺の生物劣化に伴う復元」に関しては専門の職人がこだわりを発揮いたします。安心してお任せください。

国宝など貴重な歴史財産の除カビと復元

天井画BEFORE

BEFORE

天井画AFTER

AFTER

天井画BEFORE

BEFORE

天井画AFTER

AFTER

山門・手水舎などの除カビと復元

山門BEFORE

BEFORE

山門AFTER

AFTER

手水舎BEFORE

BEFORE

手水舎AFTER

AFTER

お客様の

これまでにお客様からいただいたお喜びの声をご紹介します。

滋賀県 比叡山延暦寺東塔
 根本中堂中庭階段

VOICE 1

木製階段の生物汚染による延命処置

施工後
  • 施工内容
    木製階段の生物汚染による延命処置
  • 施工価格
  • 工期
    5日間

お客様の声

一部に腐れがあったことは残念なことでした。全体的には素材のもつ美しさが眩しいくらいになりました。
周期的な生物処理の必要性を痛感しました。また、歴史を重ねて参れます。 日程の無い中に調整が大変だったこと、また観光の方々の多い中での配慮に感謝いたします。

施工についての詳細はこちら

神奈川県 安田善次郎旧邸

VOICE 2

邸内全体の建物の生物処理および復元

施工後
  • 施工内容
    邸内全体の建物の生物処理および復元
  • 施工価格
  • 工期
    3ヶ月間

お客様の声

記念館に相応しい雰囲気となりました。建物の黒ずみが歴史の風合いと思っていましたが、白木にもどる清潔感と永年の木の風合いがコラボし、何とも言えない歴史を感じさせます。 黒ずみが歴史ではなく、素材の健康の上に歴史を重ねることで時代の風合いが保てることを見せてもらいました。一部に腐れがあったことは残念なことでした。長期間、細かいところまで配慮いただき予算ではなく、作品としての心配りを感じました。

施工についての詳細はこちら

施工の流れ

現地調査
カビ被害状況確認

ご相談いただいた箇所、周辺の状況確認、使用素材の状況を把握します。

含水率測定

含水率計にて各素材深部の含水率をチェックします。
カビ発生やカビの成長要因となる素材の含水率を知ることでカビの汚染範囲の予測が可能となります。

落下菌検査

調査内にカビ胞子が浮遊落下し、どれ程のリスクがあるのか知ることができます(所要時間:約1時間程度)
複数個所の測定により菌の分布が「見える化」でき、環境レベルを知ることができます。

付着菌検査

カビの種類が特定できます。アレルギーや健康被害のリスクを知ることができます。 また、建物の汚染被害りリスクを知ることもできます。

報告書提出

真菌検査報告書として提出させていただきます。

改善のご提案・見積り
除カビ施工

ミスト状に専用液を噴霧し、素材の奥深くまで浸透させカビの根(菌糸)までを処理します。
対象箇所によっては印毛を用いることもあります。

除菌施工

空間内に飛散するカビの胞子を処理します。
除カビ施工と合わせて実施することにより、クリーンな空間を実現いたします。

抗菌施工

添加物なしの銀イオン(Ag+)を空間や壁面に高圧噴霧・コーティングすることで、カビの定着を防止します。
銀イオンには消臭効果もあるため、使用液の臭いや室内の独特な臭いなどにも対応できます。

確認用真菌検査

施工後、カビの汚染が解決したことが確認できます。
施工前と同一箇所にて同一検査を行い結果を確認していただけます。

施工報告

施工時の様子や施工時に気が付いたこと、また、クリーンな環境を維持するためのご提案などを含めご報告させていただきます。

定期管理

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら