MIST工法®とは

ホーム > MIST工法とは

MIST工法®は素材を傷めない独自開発のカビ取り技術です。

株式会社せらが独自で開発を重ね、環境にやさしく人体にも安全なカビ取り剤を開発しました。
従来のようにこすったり、削ったりせず、素材を傷めることなくカビを根こそぎ退治します。
またカビ取り現場に合わせて液剤を調合するため、現場の状況に適した施工が可能になりました。

MIST工法®が選ばれる理由

従来のカビ取り工法とMIST工法との違いをご説明します。
これまでの工法とは違い、生活環境を脅かさない人体に安全な工法です。

  • 削らない
  • 持続性
  • 安全性

素材を傷めないMIST工法®

独自開発の専用剤により、木材やデリケートな素材を傷めることなくカビを除去します。

施工後のイメージ

一般的に行われているカビ取りの方法は、酸や中性洗剤、弱アルカリ性液またはアルコールなどを使用しゴシゴシと擦ったあと洗い流す方法や、拭き取ったりする方法でした。

MIST工法は素材が持つ特性を考慮し調整した独自開発の専用剤を使用し、分解されたカビと汚れを洗い流します。
こする必要がないので、素材を傷つけることがありません。
対象素材に合わせた水素イオン濃度の専用剤にて処理をするため、素材にやさしく傷めません。
歴史的建造物など永年の価値をもつ素材の復元は、微生物による汚染を取り除く事により延命へとつながります。
カビを分解し本来の姿に戻る様子がわかる動画はこちら

人体にも安全なMIST工法®

従来の工法と違い、環境に配慮されており人体にも悪影響を与えません

施工後のイメージ

従来の殺菌剤や防カビ剤の中には、人体に有害だったり、川や海、土壌を汚染したりするものが存在しています。
「MIST工法®」で用いている防カビ剤は、病院や食品工場などにも利用されている安全なものです。
MIST専用除カビ剤は、工業排水試験などの各試験においても安全性が確認されています。
抵抗力の備わっていない小さなお子様や、抵抗力の低下されている高齢者の方々がご利用される施設などでも安心してご依頼いただけます。

MIST工法®なら抗菌持続性が違います

カビを除去した後の対策も万全です。除菌後の持続性が長いのもMIST工法の特徴です。

施工後のイメージ

霧状の除カビ専用剤が素材の深くにまで浸透し、カビを根こそぎ取り除きます。
そのうえで、仕上げとして防カビ剤による予防処理を実施します。
MIST防カビ処理は、即効性・持続性・高い安全性の3つを備えています。
対象室内にて空気中を浮遊しているカビは、新たに素材に付着し増殖することがあります。
その浮遊カビを包み込み、カビの細胞膜を破壊り、細胞膜の合成を阻害する除菌処理。そして、さまざまな作業環境や
条件下での使用が可能で持続性に優れた抗菌処理。これにより対象のエリア全体の防カビ効果を発揮させることが可能です。

これまでの施工例の一覧はこちらから

さらに施工例を見る