カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > 畳はカビ化やすい?

畳はカビ化やすい?

2017/09/05

近年の住宅は気密性に優れ、室内の壁面はビニールクロスで覆われ、天井面にもビニールクロスやプラスチックなどの被膜で仕上げられている素材が多く、吸放湿する材料は畳だけになっているのが現状です。

そのため室内において発生した水蒸気は畳に吸放湿が集中し、室内の空気の自然湿度調整が不可能となっています。

また、畳は吸放湿以外に断熱効果にも大きな効果がありますが、しかし、畳の下に敷きつめているべニアは通気性が悪く結露しやすことも含め、カビは生育しやすいと言われております。

 

梅雨時期を過ぎ台風時期を迎えダニが多く発生する原因もここにあります。

天気の良い日、畳をあげ畳と底板のべニアのチェックをしてみましょう。

 

カビの繁殖しやすいところは早い時期の処理が求められます。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら