カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ

秋カビ対策

2017/10/04

秋はアレルゲンが増えやすい時期といわれています。

毎年10月になるとアレルギー性の喘息や鼻炎などに悩まされる人が多くなっています。

 

家の中で気をつけたい主なアレルゲンの2つをご紹介します。

 

1つは「ダニ」

梅雨から夏にかけて繁殖したダニの死骸が多くなります。

残暑や台風、秋雨で高温多湿になりがちな9~10月頃はダニの繁殖もまだ活発に行われているため、生きているダニとそのフン、梅雨・夏以降に蓄積されたダニの死骸、その両方がとても多くなります。

 

2つ目は「カビ」

空気中に飛んでいるカビの胞子は、色々なアレルギーの症状を起こす可能性があります。

梅雨〜夏の間に発生、繁殖したカビは、秋になって乾燥すると胞子が飛びやすくなり、アレルゲンとなります。

 

この時期、アレルゲンを退治するには、やはり通気と掃除に限ります。

 

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら