カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > 鹿児島におけるカビ事情

鹿児島におけるカビ事情

2016/09/27

鹿児島の月別平均気温を見れば4.0~33度位。
当然のこと夏は冷房、晴天が続く冬でも夕方から夜になれば暖房が必要。
そこで冷暖房効率を考えれば断熱材は必須条件といえます。
湿気の多い夏の外気から冷房の利いた室内に外壁を通して熱気が流れるとき、外壁内の断熱層で内部結露が起き、台風や雷雨なども加わって、湿気の多い構造躯体は腐れやカビなどの問題が生じる可能性があります。
建物の立地条件や、気象条件にも大きく関わりますが、カビや藻の繁殖を最小限に抑える事が必要です。
子供達がカビや藻の繁殖したところを触り、その手で食べ物を掴んだり、その指で目を擦ったりすれば、健康問題に対して有害な悪影響を与える場合が稀にあります。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら