カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カーテンのカビ

カーテンのカビ

2017/02/08

カーテンにカビの黒い染みをみつけたら・・・
カーテンの洗濯ラベルを確認をし洗濯できるものは、まず色落ちや縮みのテストをしてみます。
大丈夫であれば、バケツや浴槽を利用して、ぬるま湯をため洗濯用漂白剤をいれ、その中にカーテンを付けおきします。
30分~1時間以内つけておきます。あまり長くつけておくとカーテンの素材を痛める場合があります。
つけおき後、水ですすぎ洗いします。
洗濯層の中でカーテンが絡まないように、たたんで洗濯用ネットにいれてから洗濯します。(脱水は1分に留め干します。)
洗濯できないカーテンはクリーニングに出します。
場合によっては、新たに買い替えることが必要な状況もあります。
年に二回はカーテンも洗濯する予定で、洗濯機にて洗濯可能なカーテンを選ぶことをお勧めいたします。
さわやかカーテン.jpg

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら