カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビが家具の裏に発生するのは

カビが家具の裏に発生するのは

2014/04/15

※カビ問題

室内の水蒸気は、家具の裏の狭い空間にも分散し、そこで停留します。
冬季、家具の裏面にあたる壁表面は家具があたるため大変低温となります。
これにより結露がおこりカビが繁殖しやすい状況ができます。
東北、西北に面する入り隅部や北面外周壁に面する位置は避けて家具は設置しましょう。
理想的な設置位置は、冬季外気によって冷やされない壁に面したところです。
しかし、どうしても外壁に面して家具を置く場合は、外壁より5cmは離し、家具の底に垂木などを入れ家具底が底面より2cm以上は上がるようにします。
冬季、家具裏で冷やされた空気が重くなり下へと流れ、家具裏面の冷却が緩和されます。これにより壁表面の結露が防げるとは限りませんが、結露の機会は断然少なくなります。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら