カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ

10月のカビ

2016/10/15

室内空気中に浮遊するカビは一年の中で最も数値が上がるのが10月です。
台風や長雨を迎える秋はカビがとても生えやすくなっいます。
湿度が高くなっていること、温度の差が激しくなることなどにより、梅雨時の倍以上にカビの発育があり、室内の空気中のカビ量も一年の中では最も多くなります。
11月は梅雨時よりも倍以上となり、また12月に入ると4月や5月より多少多いデータとなっています。
年間で一番多い10月のカビの処理をしておくことは、11月の室内空気中のカビを減らすコツとも言えます。
下記を参考にしてください。
カビグラフ.jpg

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら