カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビ  こんな声がありました (1)

カビ  こんな声がありました (1)

2015/04/08

朝日新聞の生活欄に、こんな声がありました
カビない毎日を  (1)住まいで増殖 健康脅かす

高温多湿の日本はカビの暮らしやすい環境だ。
千葉大学真菌医学研究センターの矢口貴志准教授は
「1立方メートルの空気中に1千個のカビの胞子が飛んでいて、1人が1日に1万個の胞子を吸い込んでいるといわれます」。
屋内で胞子の量が増えたときが問題になる。
「免疫力の落ちた人にぜんそくがおきたり、カビが増えるとダニも増え、アレルギーの原因になったり。特定のカビで、夏の間だけ風邪のような症状が続く人など、影響がでてきます」
カビとは真菌という微生物だ。
生きるためには温度、水分、栄養という条件が必要になる。
家の中では風に飛ばされない足場ができると発芽し、菌糸をのばして新たな胞子を作り出す。
「高気密な現代の住空間はカビが増殖するのにぴったり。そこで暮らす私たちにプラスはひとつもない」と矢口さん。
カビの好きな条件は?
① 20℃~30℃のポカポカ温度
② じっとり80%以上の湿度
③ よどんだ空気と栄養分

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら