カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビと文化財

カビと文化財

2014/06/13

※カビ問題
カビは、栄養を溜め込んで増殖することからシロアリにとって栄養豊富な餌となります。
シロアリは木材腐朽菌と同じくセルローズを分解して、木材の強度を弱めます。
カビが発生している環境は、美観を損ねるだけではなく、その木材を使用している建物の強度をも、やがて脅かす危険があります。
文化財の長期保存には、カビが発生しない環境づくりが何よりも大切と言われています。
黒くなったり灰色になったりしている建物の木部に歴史を感じると言われる方も多いと感じますが、本来の歴史的風格とは健康な素材に時を重ねていくことによる柱などの角や木目などに現れる存在感であり、その素質こそが歴史的風格ともいえる。
その美を永年つなげる事こそが文化財や貴重な歴史的建造物に求められる環境づくりと言えよう。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら