カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビは自然界や住まいの中で有機物を分解していき微生物劣化をおこす

カビは自然界や住まいの中で有機物を分解していき微生物劣化をおこす

2014/06/13

※カビ問題
微生物の一群であるカビは、自身の成育のために周囲の環境に存在する物質を利用することから、数年にして素材本来をボロボロにしてしまいます。
この微生物はコンクリート中の物質やコンクリートに付着した物質を分解したり化合を行いながら自身の適した環境を作ろうと図ります。
こうして微生物劣化が促進されコンクリートの密度は失われていきます。
劣化構造物の崩落は人の生命にも関わることから微生物劣化を受けにくい限りの良質なメンテナンスが求められています。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら