カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ

カビの怖さ

2015/04/20

花粉より怖いカビ
花粉時期2月から3月にかけてはスギ花粉症の方は、目や鼻に症状としてあわられてきます。
初夏のころにあらわれるカビの胞子によるアレルギー。
空気中に浮遊している花粉の数とカビの胞子の数を比較してみると花粉の1,000倍にもカビの胞子が確認されます。
さらにはカビの胞子は花粉より小さく気管支の奥の下気道まで入り、目や鼻のアレルギーに留まらず、喉をぜいぜいいわせて苦しむ喘息発作まで引き起こします。
6月から7月にかけては、特に多くのカビの胞子が大気中を飛びまわっています。
カビの悪戯でおこる症状は、風邪や肺炎に間違われる高熱や寒気、咳、息切れなどをおこします。
治療の際に注意が必要です。
私たち自身もカビに対する知識がますます求められます。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら