カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > 住まいのカビ対策

住まいのカビ対策

2014/08/28

住まいのカビを防ぐには、乾燥しかありません。
床下を含む室内の湿度をできる限り上げないようにする。室内をできる限り乾燥させる。これは最も有効的なカビ対策です。
・室内は窓を開けて自然な風をできる限り通すか、換気扇により強制的に換気する。
・室内に風の通らないところをつくらない。
・結露を防ぐ。(屋外との温度差が大きいほどに結露しやすくなります。)
そして、
カビの栄養となる汚れやホコリを溜めないように、きちんと掃除をする。
これにより住まいのカビ対策はできます。
建物自体の維持管理にも乾燥はとても大切なことです。
外壁や屋根などに亀裂や剥離などがある場合、外の湿気は建物自体に侵入します。
室内と同様に湿気を留めないように管理し、室内のカビ汚染の原因とならないように点検してください。
外壁チェック
・壁面の塗装面を手で撫でてみてください。手に粉のようなものが付いたら塗装面は既に防水効果がありません。
・壁面に亀裂がはいっていたら、そこから雨水の浸入があります。
・外壁材のコーキングが切れている。材料は雨水を含み膨れます。雨水も侵入します。
・外壁にコケやカビが生えている。コケやカビのもつ湿気により、その部分に素材の変質、機能低下が起こります。また、カビの放出する酵素により素材が溶かされたり腐ったりします。
簡単なチェックですが、これだけでも建物の健康の目安に大きく役立ちます。
また、室内の環境維持にも役立ちます。
建物内に湿気の侵入しそうなところは出入口・窓・空気口・換気扇フード以外に無いか
また、素材の劣化は起きていないか
建物内外において通風と換気は万全か
大切な資産です。カビの害から建物を守りましょう。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら