カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビを生やさぬようにするには

カビを生やさぬようにするには

2014/08/30

雨の多い時期には、風があまり無く空気がよどんでいます。
そんな時期は閉め切った部屋では、ジメジメとしてカビ臭さが気になります。
そのカビを生やさぬようにするには、カビが棲みつこうとするものの湿気を取り除くことです。
まずは風通しをよくしておくことです。流動する空気は湿気を下げます。
空気が動かない場所は、カビにとっては絶好の棲家となります。風通しの悪い床下などはカビが一面に蔓延っていることもあります。それが涙菌とも言うカビが繁殖した場合には、その表面からは涙のような水滴で一層に湿気は増え床板は腐朽してしまう場合もあります。
晴れた日には、窓を開け放し外の空気を家の中に取り入れ、室内の湿気た空気と入替えること。
日々、室内の空気を流動させること。
湿気た場所を作らないこと。
換気の工夫をすること。
ホコリや手あかを溜めないこと。
これがカビを生やさない最善の方法です。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら