カビの基本知識や特徴、簡単にできるカビ予防術をご紹介

カビ取り屋の知恵袋

ロゴ
ホーム > カビ取り屋の知恵袋 > カビ予防 (エアコン編)

カビ予防 (エアコン編)

2014/09/29

エアコンは運転後の温度差で内部に結露がおこり、カビが生えやすい機器です。
エアコン内部に発生したカビは、エアコンの可動時に部屋中に飛び出し室内の色々な所で新たに発育します。
そんなエアコンのカビを予防するには、まずは小まめなフィルター掃除。
そして、エアコンのスイッチは送風運転から、この時は窓を開けて30分位行います。
ここで、エアコン内部にカビの繁殖があった場合に、カビの胞子を室内に留めないように開けた窓から外に追い出すのです。
では、エアコンを消す時はスイッチを切る30分前位から送風運転に切り替え、エアコン内部を乾燥させるようにします。
冷房でしっかり働いたエアコンです。今の時期にエアコン内部のカビ取りとエアコン洗浄をし暖房時期に備えましょう。

フリーダイヤル 0120-530-852

一般の方のお問合せはこちら
法人・業者様のお問合せはこちら